オラ

 

ウユニ塩湖に行ってきました。

ここは日本で有名ですね。

ユニクロのCMにもなってたしね。

 

ラパスから夜行バスで12~14時間でウユニという小さな町に着きます。

ラパスもウユニも標高が4000m弱あります。
森林限界なんかな、こんな道をひた走ります。

CIMG6728

 

ウユニに着いてびっくりしたのが、驚くほど日本人と韓国人がいます。

ラパスも日本人多いけど、異常です。

日本を経って8ヶ月、こんなに日本人を見るのは初めてです。なんか、緊張します。

体感だと、日本人 : 韓国人 : 欧米人が3 : 2 : 5 くらいです。

 

ウユニ塩湖へは、ウユニの町からツアーで行けます。

僕は到着した日のサンセットツアー(16:00~21:00) とサンライズツアー(2:00~8:00) に申し込みました。
貴洋は高山病で死んでたんで、サンライズツアー(2:00~8:00) と翌日のサンセットツアーに行きました。

ウユニのツアー情報とかは詳しく書いている日本人が大勢いるので、僕は書きませんが申し込みは非常に簡単です。

しかも、めっちゃ安い。

人数が7人集まれば(ほぼ集まる)、100ボリビアノ(約1700円)で行けます。

今まで、色んな観光地行ってきたけど、この値段は安すぎます。

もっと高くした方が良いと思うけど、ツアー会社もガイドもボリビア人がやっているからこその値段です。

外国人がツアー会社を興していたら、2倍の値段でも絶対行けないと思います。

 

写真中心でいきます。

まずはサンセットツアー!

DSC_0001

カラッカラの塩湖
六角形が安定するんでしょう。

 

ここでは、ガイドの力量が試されます。

DSC_0004

こんな風に全力で写真を撮ってくれます。

 

どんな写真かというと、

DSC_0006

DSC_0009

こんなん。

トリック写真ってやつです。

 

で、その後はお待ちかね。

水の張った塩湖を見に行きます。

真っ白な塩の大地に雨季は水が張るため、きれいな鏡張りの景色が見られるのが何と言っても有名です。

僕がずっと憧れていた景色も、やっぱり鏡張りです。

 

 

あれ?

鏡…

鏡張って…

DSC_0014

ない!!!

そもそも、水がそんなにない!!

張ってても一面じゃなくて、せいぜいフットサルコートくらいです。

鏡張りのベストシーズンは2月頃みたいですが、僕らの行った12月20日は全然でした…。

 

しかも、風がめっちゃ強かった!

鏡張りになるためには、水面が静かでなくてはいけません。

風強いし、寒いし…

7人組だったけど、俺を含めて年寄り3人は車の中で夕日まで待機してました…。

DSC_0026

 

 

それでも、めげずに2時からのサンライズツアーも行きました。

満天の星空の下、再度ウユニ塩湖に向かいます。

あ、ウユニ塩湖ですが、たぶん湖ではありません。
英語表記だと、Uyuni Salt Flat って書いてあるので、ウユニ塩平が良いところです。
Wikipedia ではウユニ塩原って書いてありました。

水張ってなかったし、くやしいんで湖とは呼びません。

 

夜は風が穏やかで、昼間とはえらい違いです。
写真の場所は、サンセットツアーと同じ場所です。

DSC_0037

 

 

楽しくなってきたんで、こんなんしてみます。

DSC_0038

 

 

他には、字書いてみたり、

DSC_0050

 

 

車を光で走らせたり、

DSC_0063

 

 

風がないからそんなに寒くないし、楽しかったんであっという間に朝がやってきました。

DSC_0122

 

 

これは、ドラクエのザコキャラ風です。

DSC_0076

 

これは、やりすぎて、もはや訳わかんない。

DSC_0079

 

 

最後はみんなで、人文字。

DSC_0129

 

 

サンライズツアーはかなり良かったけど、実際見るより写真の方が上回っています。

どうしても、ウユニと言ったら一面鏡張りのイメージがあったから、水量だけ微妙でした。

今思えば、ダナキルの塩湖の方が水張ってたし( ダナキルの記事 )。

Google画像で見るような鏡張りを確実に見るなら、2月頃がオススメです。

 

世界一周ランキングに参加しています。
バナーをクリックしてもらい、ページが読み込み完了するとポイントが入る仕組みです。
宜しくお願いします。

sekaiisshu150_49

 

裕介

広告