マディサ

 

ナミブ砂漠ツアー二日目

朝5時、テントで目覚めます。
眠い目をこすりながら、朝日を見るために 「DUNE 45」 という砂丘を目指します。

着いた。

DSC_0078

これこれ!

こういう砂丘に来たかったんだよ!

昨日のとは、えらい違いだ。

 

明るくなってきているけど、周りの山(砂丘) に遮られていて太陽はまだ見えません。

DSC_0079

 

砂丘って一歩、一歩、足を取られるからしんどい…。
砂浜より全然きついわ。

そして、マジでビビるほどの強風…

砂が砂丘の角度のまま上空へと舞ってます。

 

15分ほど歩いて頂上到着。

DSC_0103

 

 

太陽も上がってきた。

DSC_0100

 

 

誰も歩いていない場所はこんな感じ

DSC_0116

 

すげー!

日が差すとともに赤みが帯びてくる。
ナミブ砂漠は、酸化鉄を含むから赤っぽく見えるんだってさ。

 

最高だぜ。

DSC_0118

 

その後、バスに乗り換えて今日のメインへと向かいます。

DSC_0126

 

往復100ナミビアドル(約1060円)
歩いても片道1時間はかからないくらいだと思うけど、この後に本番が控えているのでバスを勧めます。

バスを降りたら、すぐこんな場所

DSC_0131

 

たまんないな、この景色。

 

そして登場しました、Big Daddy !!

DSC_0136

 

この写真じゃ伝わりにくいけど、Dune 45 より遥かにでかい!
ガイド曰く、この地域で一番でかい砂丘らしい。

てか、Dune って名付けられていないし、もはや山です。

砂山。

いや、なんか違うな…

砂山って書くと、お砂遊びみたいでイマイチ雰囲気が出ないな…

うーん、とりあえず巨大だってことです。

あ、ちなみに道路の反対側にはBig Mom もいるよ。

 

登頂開始。

GE

 

風が…

たまに突風が来ると、砂が痛いし、体が流されるほどの強さ。

風で砂が飛びまくってて、こんなんができた。

GE

砂に映る自分の影

 

いや、本当に挫けそうになるくらいしんどい

GE

 

めっちゃ急だし、足取られるし、爆風だし…

しかも、太陽出てきて暑くなってきたし…

キリマンジャロも登ったけど、濃度的にはマジでこっちの方がしんどいかも…

 

それでも気合で登り続けること50分

DSC_0141

 

着いたー!!

ここからの眺めは最高です。

そして、コーラは格別です。

DSC_0150

 

限りなく顔面変質者です…

けど、マスクは必須です。

このときほど、宮益メガネが欲しいと思ったときはありません。

 

こんなにしんどい思いして登っても、下りは一瞬。

GE

 

走れば1分でいけるな。

この下り坂の途中から、頂上を見上げた写真がこれです。

DSC_0157

 

和田カメラマン渾身の一枚です。

なんか最近、写真撮るのが少しだけ楽しくなってきました。
人生で初めての感覚です。なんでだろう。

逆に本来のカメラマン貴洋は若干飽きてきています…

 

Big Daddy を降りると、こんな真っ白な世界が広がっています。

DSC_0164

 

Dead Flei (Devil’s Flei ??)

ガイドはDevil’s って言ってたけど、Dead ってのも見たし、そもそもFlei って何語かも分かんないけど、
とりあえず、ここは湖だった場所らしいです。

枯渇してこんなひび割れた姿をしています。

DSC_0167

 

木が死んでいる…

DSC_0176

 

ここは観光客もいっぱいいた。

Big Daddy はおそらく若者しか登っていなかったと思う。

そんだけ風が強かったしね。

これが最終的に編み出した風対策です。

GE

 

今日は、マジで小さじ一杯は砂食ったよ。

こんなに風が強いことは珍しいってガイドが言ってました。

なんか、ソコトラ島もそうだったし、強風に見舞われること多いな…

 

ナミブ砂漠オススメです!

 

世界一周ランキングに参加しています。
クリックしてもらい、ページが読み込み完了するとポイントが入る仕組みです。
宜しくお願いします。

sekaiisshu150_49

 

裕介

広告