ジャンボ
ユーエ

 

キリマンジャロに無事登頂したら、6000m峰のワイナポトシも挑戦しようと思っていたんですが、いま迷ってます。
キリマンジャロがわりとあっけなかったんでね。

 

キリマンジャロ登山後、モシからダルエスサラームへ向かいました。
こんなバスでね。

CIMG6206

今まで乗り合いバス(バン)では、散々パンパンに乗ってるのを見たけど、でかいバスでは初めてです。
ダルエスサラームまで9~10時間。
時速100km 以上出して走ります。

途中、横転や追突してるバス見たけど、無事にダルエスサラームに着きました。
追突したら、みんなバイバイだね。

 

ザンジバルに行ってた貴洋と合流です。
ここから、タンザン鉄道に乗って、ザンビアまで向かいます。
タンザン鉄道は、タンザニアのダルエスサラームとザンビアのニューカピリムポシを結び2000km弱あります。
2泊3日かかります。

貴洋が一週間くらい前にチケット買ってくれました。
一等車で、104000シリング(約7000円)

これです。

DSC_0032

電車だと思ってたんだけど、おそらく汽車です。
架線がないんでね。

 

時刻表通りだと、
火曜日の10:00 ダルエスサラーム発
木曜日の10:39 ニューカピリムポシ着  です。

時差が1時間あるんで、所要時間45時間39分の予定です。
予定通り着くことは、まずないらしいけど。

それでは、乗り込みます。

CIMG6209

利用者多いね。

 

一等車はこんな感じ

CIMG6210

二段ベッド2つの四人部屋
だいたい三畳くらいです。
二等車はこのままの大きさで三段ベッドなんで、六人部屋になってました。

10:45、ダルエスサラームを出発しました。順調です。

こんな景色の中を走ります。

DSC_0048

CIMG6220

 

たまに、町が見えます。

CIMG6225

 

車内には食堂車が付いています。
冷たいビールも飲める!

CIMG6229

 

ご飯は食堂車か、自分のコンパートメント内で食べます。

CIMG6230

バリエーションはビーフ、チキン、フィッシュにライス、ウガリ、チップスのどれかを組み合わせる9種類です。
車内だから仕方ないけど、味は町中で食べた方がそりゃうまいな。

値段は200~300円。安っ!

 

タンザン鉄道、乗って30分で気づきましたけど…

まぁ、暇です。

ここで、初日の過ごし方です。

 

車内を探索する。

3分でだいたい全てを把握する。

パソコンいじる。

電源取れないから、本を読む。

飽きる。

音楽聴く。

飽きる

あー、暇だなーって言ってごろごろする。

寝る。

暑くて起きる。

あ”ー、暇だなーって言ってみる。

 

僕らには、のんびり景色を楽しむとか無理でした…。
暇すぎる…。

そんなこんなで、

夜を越えて

DSC_0040

 

川を越えて

DSC_0046

 

 

二日目の昼にザンビアとの国境にやってきました。

CIMG6232

車内で出国スタンプを押したら、汽車はザンビア側へ移動します。

 

CIMG6236

ここで、汽車を降りてビザ申請と入国スタンプをもらいます。
手書きでちゃちゃって書いてくれます。

そしたら、汽車乗り換えです。

CIMG6233

 

二日目もだいたい初日と同じように、

あー、暇だなー、飛行機で飛べばよかったなーって言って過ごします。

 

三日目になると、遂にこんなことまでするようになります。

DSC_0050

彼は何をしているでしょう?

 

正解はこれです。

DSC_0051

将棋。

 

暇すぎて、もう末期です。

僕ら二人とも小学生以来の将棋です。
駒の動かし方しかしりません。

低次元の接戦です。

それでも、暇なので楽しめます。

 

ただ、ひとつ問題がありました。

30分以内で勝負がついてしまいます…。

どっちも攻めるしかしないからね…。

囲いとか知らないし。

大した時間つぶしにもならず、僕は人生初の数独をやり始めます。

もう、なんでもいいんだよ、暇じゃなければ。

 

そして、ついに、ついに、

13:30 約3時間遅れでニューカピリムポシに到着です。

CIMG6237

 

そこから、バスに乗って3時間半、ザンビアの首都ルサカに着いたのは18時でした。

 

のんびり景色を眺めて汽車の旅を楽しむなんて、僕らには50年は早かった!

暇を楽しめない性格の人は、きっと苦痛で仕方がないです。

 

世界一周ランキングに参加しています。
クリックしてもらうと、ポイントが入る仕組みです。
宜しくお願いします。

sekaiisshu150_49

 

裕介

広告