サラン

 

前回のブログですが、予想以上に反響大きかったです。
初めてコメントもあんなにたくさん頂きました。

敢えて目を引くようにしたので、見てもらって非常に嬉しいんですが、あれは本来おまけみたいなもんなんでちょっと複雑です。
普段のブログもっと頑張ります。

 

エチオピアは公用語はアムハラ語ですが、80種類も言語があるって聞きました。
サランはアラビア語の挨拶とほぼ一緒です。
世界各国に行くと、同じような発音で似た意味を持つ言葉って多いです。

エチオピアに来た最大の目的は、ダナキル砂漠に行くこと。
サハラ砂漠も行ったし、また砂漠?と思うかもしれませんが、ダナキル砂漠は全然違う光景なんです。写真を一目見たときから、ずっと絶対行きたい場所でした。

 

ダナキル砂漠はメケレという町からツアーで行けます。
メケレは首都アディスアベバから北に約500km、飛行機1時間、バスだと約14時間かかります。
セラムバスという会社がおよそ50人乗りの大型バスを毎日3台走らせていました。
片道460ブル(約2500円)はエチオピアの物価からしたら高い方ですが、人気路線らしくバスは満席です。

1ブル≒5.4円

 

エチオピアは夜行バスがないので、早朝出発です。
バスチケット見て驚愕の事実が判明しました。AM10:30発って書いてあるんだけど、これはエチオピア独自のローカルタイムだそうです。
「インターナショナルタイムはAM4:30よ。」って言われました。
更によく見ると、日付が2007年1月29日ってなってる…。

 

え??

 

エチオピア人は7年半も前を生きていました…。

太陽暦とか完全無視です。
中国だって旧正月があったり、他にもイスラム歴があったりしますが、独自の暦で普通に生活してる国は初めてです。日付どころか、時間まで違うし。
日本も元号あるけどさ。

どうやら、1月から13月まであるらしいです。もうわけわからん…
4時過ぎにバス乗り場に行ったら、案の定5:30に出発しましたがこれはもう想定内です。

 

こんな道を延々と走ります。

DSC_0003

 

アディスアベバ市内を出ると一本道で信号もないのに、しょっちゅう停まります。なんでかって?

渋滞が起きています。
動物のね…。

 

ラクダ、山羊、ロバが主要メンバーです。
彼らもアスファルトが歩きやすいんですね。
ほぼ野生ではなく家畜として連れて歩いてるんですが、日本の小学生みたいに行儀よく一列に並んでなんて出来っこありません。
ひどいときは、二車線完全に占領しています。

それを毎回避けないといけないので時間がかかります。
帰りのバスで、一羽のニワトリさんが不運な事故に遭いました…

バス自体はまぁまぁ快適なんで、爆睡してたら19:30にメケレに到着しました。

 

次回は遂にダナキルへ

世界一周ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてもらえると、ランキング確認のページに飛び、ポイントが入る仕組みです。
クリックしてもらえると、めっちゃ嬉しいです。お願いします。

sekaiisshu150_49

 

 

裕介

広告