オラ!

 

リアルタイムは貴洋と再合流し、エチオピアに向かいます。
いざ、アフリカ大陸へ。
ブログどうしようかな?アフリカのこと書きたいしな。
まぁ、とりあえず、スペイン編の続きです。

 

朝起きたら、ホステルの共有スペースでバウがいびきかいて寝てました…。

※2m近い毛むくじゃらの大男です。

そっと知らない人のふりをしておきました…

 

今日はビーチへ行ってみます。

バレンシアであったドイツ人のヤコブが、バルセロナのビーチが良いよって言ってたからね。
そんなんで目的地は決まります。

海岸線目指して、歩いて向かいました。

近づいていくと…

ん?

んんん??

あ!

ヌーディストビーチだ、ここ。

 

そこらじゅうに、おっぱいが転がってます。
ドーン!でろーん、って。

イタリア以来です。
ただ、イタリアの時と違うのは、バルセロナは普通に若い子もいます。

 

…だから良いよって言ってたのか、ヤコブ!!!

なんて、素晴らしい場所なんだ!

って思わないんですよね…不思議と。

ヌーディストビーチって言うと、めっちゃ興奮しそうな、夢のビーチ!みたいな想像しそうだけど、現実は違いました。

俺も、「今日はヌーディストビーチに行くんだ!おっぱいを見るんだ!!」って気合入れて来たわけじゃないってのもあるかもしれないけど、なんか普通ですよ。至って普通。

おばちゃんから、若い子まで、飲み物飲んで、日光浴して、まったりしてます。
トップレスでね!

けど、別に、うおー!外人のおっぱいだー!!って感じは一切起こらなかったです。

なんででしょう?

旅の新鮮さが失われているんでしょうか?(おっぱいで話す内容じゃない)

考えました。

思うに、つまりは出過ぎなんですよ。

パンチラに興奮することはあっても、パンツに興奮しないですからね、僕は。
パンツに興奮するのは下着泥棒だけですね。
わかめちゃんも然りです。

なに言ってんだ…俺は。

 

ええと、つまり、やっぱりエロスは恥じらいの中に生きるってことです。

今日は珍しく、考えさせられるブログです。

人生のテーゼです。

至って真面目ですよ。

 

 

 

あ、乳首にピアスしてる子は、おっ!って思ったな。

クリック、クリックしてください。

sekaiisshu150_49

 

裕介

広告