こんにちは、貴洋です。

1国1記事を目標にしていますが、バルト3国は特に書くネタがなくて困っています。

みんなバルト3国で何してんの??笑

 

でも、街並みとかはすごく好きです。

落ち着いてるし、綺麗だし、雰囲気良いです。

 

 

そんなラトビアでしたことと言えば…ちょびっとの観光と、部屋の人たちと飲んだぐらい。

 

 

もう名前も覚えてませんが、4人のラトビア人(一人は住み込みで働いてる従業員)とメキシコ人ひとりです。

ラトビア人が大半のため、誘ってきたくせに会話ラトビア語で進むという疎外感半端じゃない空気。

 

 

なぜ誘った…と思いながらも、

 

とりあえずメキシコ人と話してました。

 

 

 

「昔メキシコリーグ2部のサッカープレイヤーだったんだ」

という昔話と、

 

「お前は日本人に見えるな!そうだろ?俺には日本人と韓国人と中国人の見分けがつくんだ」

という価値のない取り柄話、

 

「世界一周をしてるなら、トルコに行くべきだ!イスタンブールはいいぞ!アジアとヨーロッパを同時に楽しむことができるんだからな!」

という俺行ったことあるよって心の中でツッコミたくなる話を、

 

 

ものすごく自慢気に話してきます!

 

 

おい、うざいな!!!笑

 

 

 

 

 

そんなことを話していると、酔っ払いラトビア人の一人が拙い英語で、

「君は中国人だね!中国の顔に見える!」

 

 

おい!話を聞いとけ!!

中国感あるのは苗字だけや!!

(あ、申し遅れました。僕、宗 ソウ と申します)

 

 

日本人って言ったら、

「まぁ、だいたい一緒だ」

 

 

って、おい!!

 

酔っぱらってても適当すぎやろ!

 

 

 

 

 

そんな俺を助けようと、女性のラトビア人が会話に入ってきてくれました。

 

 

「私、整体師をしてるの。

見て、筋肉すごいでしょ? あなたより強いと思うわ!」

 

という一応男である俺のプライドを踏みにじる入り…

 

え、ラトビア人こんな感じやったっけ。

オランダで出会ったラーラは優しくて、謙虚ですごいいい人だったのに。

 

 

 

そんな整体師が、

「きっとあなた旅をしていて疲れてるでしょ?私がマッサージをしてあげるわ。」

と、徐に俺の足を持ち上げる。

 

 

足の指に手をかけた瞬間…

 

 

ボキボキボキっ!!!!

 

 

いやいや、引っ張りすぎや!!

 

 

「どう?疲れが取れたでしょ?」

 

いや、全然取れへんし、痛いだけやし!!

 

そして、どこからそのドヤ顔できる自信沸いてくんねん!

 

 

 

これはマッサージとは言わん!って言ったら、

めちゃめちゃとぼけた顔をしてました。

おい、やったんぞ。

 

 

 

 

 

こんな感じで散々な飲み会かと思わせましたが、

 

普通に楽しんでました。笑

 

随分盛って書きました。笑

 

 

だって、ネタなさすぎるし!!

 

テヘ(*^。^*)

 

 

 

 

あ、街でこんなん見つけました。

 

DSC_0027

 

タカスパ

 

 

 

 

うぉーーーー、入りたかったーー!

高そうでやめたーーー!!!

 

 

 

俺はなんてブログの才能がないんだ・・・

sekaiisshu150_49

 

貴洋

広告