サラン

 

サナア空港に着いた僕のバックパックは到着していませんでした。
たった1時間半の直行便でロストするなんて、思ってもいませんでした…

とりあえず、証明書をもらいに行ったんですが、英語ほぼ通じない…
サナア国際空港ですよ。国際空港。イエメンの首都だし。けど、ほぼ通じません。

てか 俺、アラビア語話せないし
結局、アラビア語圏には2週間くらいいたけど、ほとんど話せなかった…。
難しいんだよ、アラビア語…
ヒンドゥー語なんかは、3週間いれば、簡単な挨拶と買い物くらいできたのに…

 

手話と英単語を混ぜて話すと、「明日、荷物は来る」だそうです。

空港を出ると、ムハンマドが待っていました。

DSC_0353

 

 

 

 

 

僕の荷物の事情を説明すると、「空港会社が荷物を受け取りに行くタクシー代を出すべきだ!」って言って、空港会社のオフィスに一緒に行ってくれます。

「$%””(=#$*+‘!!」
アラビア語でやり取りする、ムハンマド。

「なんて言ってるの?」

「荷物は明後日にならないと来ないって」

「え!?さっきの奴、明日の同じ時間に来るって言ってたよ!」

「明日は飛行機ないって」

 

マジで!?

明後日の朝に、ソコトラ島に行く予定だったので、明後日の便(夕方)で荷物が来ても受け取れません。

まじかよー、って言ってると、ムハンマドが「明後日、彼はソコトラ島に行くんだ、なんとかしてくれ!」って言ってくれます。
すると、数人に囲まれて、「落ち着け、無理だ、諦めろ」的な雰囲気に…
(アラビア語全く聞き取れんから分からん)

なおも引き下がらないムハンマド

すると、どこからか英語の話せる偉そうな奴が出てきた!

ムハンマドとともに、どうにかしてくれ!と懇願する俺。

「分かった、明日のEmiratesの便に積んでもらえるよう努力しよう。約束はできないが、全力は尽くす。」

俺がおーけーって言おうとしたら、ムハンマドが「絶対、明日送ってくれ!日本から来たんだぞ!」って

 

どんだけいい奴なんだよ、もう十分だよ、来なかったら諦めるよ

 

航空会社の連絡先を聞いて、タクシーでサナアのホテルに向かいました。

車中、ムハンマドから、同じ言葉を5回聞きました。本当に5回聞きました。

 

「新市街には行くな、アルカイーダに誘拐されるぞ」

 

 

アルカイーダを身近に感じる機会なんて人生であるとは思わなかった…

こうぇーよ!
勘弁してくれよ!!

ムハンマド曰く、旧市街は安全らしいです。

 

旧市街のホテルに着いた後は、ムハンマドのガイドのもと、旧市街を観光することに。

DSC_0334

 

 

 

 

 

 

イエメン、すげーよ…

なんか、映画のセットみたい…、想像しうる、ザ・アラビアンって感じ…

石畳の道に、石造りの家があって、ターバン巻いてて、短剣差してて…

DSC_0345

 

 

 

 

 

 

DSC_0343

 

 

 

 

 

 

イエメン人、めっちゃ親切だし、危険な感じは分からなかったな。

街並み見てるだけでおもしろい!

DSC_0351

 

 

 

 

 

 

晩御飯は、ムハンマドの家に招待してもらいました。

イエメン料理

DSC_0374

 

 

 

 

 

 

中東全般に言えることだけど、そんなうまくないね。

 

翌日から、ラマダンを直に体験することになるとは…

ラマダン、たまらん。

 

世界一周ランキングに参加しています。
下のバナーをクリックしてもらえると、ランキング確認のページに飛び、ポイントが入る仕組みです。
お手数ですが、1日1クリックしてもらえると、めっちゃ嬉しいです。お願いします。

sekaiisshu150_49

 

 

 

裕介

広告