サワディーカップ

23日に日本を出て、台湾、シンガポール、マレーシア、タイと一週間で4ヵ国を周っています。
このままのペースでいくと、208ヵ国行ってしまいます。
これは、日本が承認している国の数も国連加盟国数も超えます。
まさに前人未到の記録になってしまうので、そろそろペースダウンします。

バンコクに着いて僕らはまず、カオサン通りを目指しました。

カオサン通り; 旅人の聖地であり、バックパッカーの旅はカオサンで始まるとも言われています。
 

僕自身もずっと一種の憧れを抱いている町でした。
カオサン通りで、多くの旅人に出会い、情報収集し、世界各地での再開を約束をする。
実際、日本人でもカオサン通りで知り合い、その後世界中で再開する人が多いみたいです。

ドラクエで言うところの、ルイーダの酒場です。

そんな、期待に胸をパンパンにしていざカオサンに到着。
屋台やレストラン、ホテルにゲストハウス、決して広くない通りに多くの店と人が密集しています。
宿探しは数件回り、重い荷物を降ろしたいのもあり、ここに決めました。

DSC_0009

 

 

 

 

 

 

 

 

Star Dome !

二人で一泊560バーツ
※1THB(バーツ)≒3.2円
ロビー Wifi、エアコン、部屋にトイレ、ホットシャワー完備
僕らからしたら、かなりハイクラスなホテルです。

着いた日は泥のように寝て、翌日はまったりと散策しました。
どうやら、カオサン通りは時間軸がずれているようで、午前中は人も少ないし、店もあまりやってません。
たぶん、逆サマータイムが3、4時間くらい採用されています。20時より24時の方が遥かに活気があります。

てか、ルイーダの酒場だと思ってたのに、3日経っても日本人とは話していません。
というのも、ほとんど欧米人しか見かけません。特にヨーロッパ。
ここは、リトル欧州と言ってもいいくらいです。
夜遅くまで(3時くらいかな)、生演奏がお店から流れていて、喧騒の中にゆったりとした時間が流れています。

そして、二日目にして分かった衝撃の事実は、僕らの宿はカオサンロードではない!ということです。
カオサンロードから一本北に入った通りでした。

マジで、バンコク着いてからやったことと言えば、パッタイ食べながら次の行き先調べて、ビール飲んでたくらいです。
あ、あと、CLのSemi Final はしっかり二試合とも観ました!
タイだと、25:45キックオフなので日本より観やすいんですよね、しかも、そこらじゅうのBarやレストランで放送してるし。

そんなわけで、翌日のブログは…

元Jリーグスタッフ、宗貴洋によるCL戦評をお送りします。
見てね!

 

裕介

広告