スラマット テンガハリ

マレーシアの人、だいたい英語通じます。
ハローでOKですね。

シンガポールは一日しかいなっかったけど、マレーシアも実質丸二日、弾丸トラベラーです。
なぜかって、早くタイに行きたいのと、シンガポール、マレーシアの物価高いからです。
マレーシア、ビールだけ異常に高い…。

シンガポールは本当に都会でしたが、マレーシアも十分都会です。
クアラルンプールなんてこんなんです。

CIMG3087

 

 

 

 

 

 

 

藤沢で言うテラスモール、つくばで言うイイアスです。

僕らはマレーシアについてまず、Pasar Seni 駅を目指しました。
なんでかって?とりあえずチャイナタウンに行けば安宿があるからです!

5,6件回って、ここに決めました

DSC_0017

 

 

 

 

 

 

SEVEN NITE INN

二人で一泊39リンギット
※1RM(リンギット)≒31円
Room Wifi、扇風機、共同トイレ、ホットシャワー完備
二人旅していて良いところの一つは、ドミトリー(複数人の相部屋)より安いところかな。

なんと、この宿、600円で朝飯まで付きます!

DSC_0007

 

 

 

 

 

食パン三枚とリンゴ、コーヒー、バナナシフォンね。洒落てる!
バターとマーマレードも付いてるから言うことなしだね!!

宿を決めた翌日の午前中は別々に散策に出かけました。

知らない土地を当てもなく歩くのって、昔から好きです。
こういう、地元の人がいる店になんとなく入ってみたり。

CIMG3089

 

 

 

 

 

 

 

マレーシアに来て感じるのは、本当に多民族国家なんだなと。
マレー系、華人系、インド系、いろんな匂いが混在しています。
物乞いはいるけど、全然しつこくなかったり、昼間から道路で寝てる人もいるけど、スーツのサラリーマンもいます。
シンガポールから来たので、少しだけ東南アジアにいることを実感できます。

貴洋はモスクに行きました。
宗教心がなくても楽しめるようです。
衣装(?)も貸してくれます。女性はフードを被ります。貴洋もフードを被っていました。。

DSC_0023

 

 

 

 

 

 

午後は合流して、バドゥ洞窟へ
Batu Caves 駅を降りるとすぐあります。

DSC_0042

 

 

 

 

 

 

DSC_0050

 

 

 

 

 

 

272段のかなり急な階段を上がっていくと…

 

DSC_0053 DSC_0064

 

 

 

 

 

 

巨大な鍾乳洞が降り注ぐように洞窟内を囲んでいます。
洞窟内は少しひんやりして、吹き抜けになっているので光が差し込みます。
ヒンドゥー教の聖地らしいですが、荘厳な雰囲気と圧倒的な自然に、呆然と眺めてしまいます。

夜はペトロナスツインタワーを観に行きました。

DSC_0112

 

 

 

 

 

 

ツインタワーとしては世界最高の452m
日韓合作で一本づつ建てたそうです。

連絡橋の「Sky Bridge」とその上の展望台に翌朝行ってきました。
当日券は売り切れ必至なので、時間を選択したい人は8:30の販売前には行っておいた方がいいです。
または、Webで予約もできます。

DSC_0141

 

 

 

 

 

 

Sky Bridge はフランスの会社が施工したもので、観光客用の通路が解放されています。

DSC_0136

 

 

 

 

 

 

DSC_0155

 

 

 

 

 

 

マレーシアを一望できます。
夜景がきれいなので、カップルで来たいとこですね。
僕も彼女と来ました。

DSC_0023

 

 

 

 

 

 

※毎日一緒に寝ています。

 

食事はナシゴレン、ミーゴレン(日本でも有名ですね)

DSC_0071

 

 

 

 

 

 

あと、お気に入りはサテー

DSC_0116

 

 

 

 

 

 

好きなものを選んで焼いてもらいます。
焼き鳥ですね。
一本2.5リンギットぐらい
1RM≒31円

23日に日本を出発して、台湾、シンガポール、マレーシア、29日にタイ入りです。
かなりの強行日程でしたが、タイからはまったり、陸路で攻めようと思います。

 

裕介

 

 

広告