ESTA申請 取り消し方 当日 電話

オラ

 

日本に帰ってきてからは全然書いてなかったけど、おそらくこれで最後の投稿になると思います。
今までお付き合いいただき、ありがとうございます。

 

前回の続きで手術が無事(?) に終わったところからです。

 

術後しばらくしたら、晩御飯が出てきました。

ヌードルが出てきました。

スプーンだけ付いていました。

ヌードルは非常に長いです。

ベッドは60°くらいまで起きますが、僕は体を起こすと非常に痛みます。

首をベッドから離す元気はまだありません。

どーやって食うんですか??

それでも幼少期に忍たま乱太郎を見て、食の英才教育を受けた僕にお残しは許されません。

自分に言ってやりたいです。

「痛みに耐えてよく頑張った。」 と

完食です。

もちろん、胸は赤子のようにびちゃびちゃです…。

お恥ずかしい限りです。

お嫁に行けません。

 

 

早く日本に帰りたいです。

手術翌日の朝に退院して、ホテルに移りました。

入院してても仕方がないし、ネット使って帰国便取らないといけなかったからね。
ホテルに一泊だけして、すぐ次の日の帰国便を予約しました。

ホテルで頭を洗うと、まだ大量の砂が出てきました。

こんな砂まみれで手術してるんだもんな…。

早く日本に帰りたいです。

 

翌日、貴洋に荷物を持ってもらいタクシーで空港に向かいます。

感謝です。

二人分の荷物、バックパック2つにサブバック2つ(計35kg ぐらい) を持ってもらいました。

いやぁ、マジで一人だったら、荷物とか諦めて捨てていたと思います。

旅を打ち切りにしたのも、厳密に言うと鎖骨が折れたからというよりは、それによって荷物が持てないからです。
手術したし基本的に大丈夫なはずだけど、荷物は全然持てる気しません。

 

空港でいつも通りチェックインカウンターへ向かいます。

飛行機すでに20回以上は乗ってるし、こんなん慣れたもんです。

アメリカ入国のVISA は持っていますか?

「アメリカへはトランジットだけで日本に帰国します。」

ESTA の申請が必要です。

「トランジットでも?」

Yes.

いやぁ、完全に知らなかった…。
アメリカ行ったことあるんだけどね。
凡ミスです。

大丈夫です。この場で10分もかからず申請できます。

なんだ、そうなんか、そりゃそうだよな。

すぐにインターネットに接続して、ESTA申請を申し込みます。

30分後…

画面に表示されました。

 

‘DENY’

 

ん?拒否??

なんかの間違いだよな。

そう思い、再入力します。

再び画面に表示されました。

 

‘既に申請済みです。拒否されました。’

 

え?

このときは、まぁなんとかなるだろうって思っていました。

今までも、なんか問題あっても結局なんとかなってたしね。

そう思ってチェックインカウンターに行って事情を説明します。

 

ここでは、ESTA申請のことは分からないの。ESTA申請が許可されていないと、決まりで乗せることは絶対にできないわ。

え?帰れない??…

「日本に帰らなければいけないんだけど、どうしたらいいですか?」

航空券は明日に変更できます。明日、アメリカ大使館に行って聞いてみてください。

良かった、航空券変更できるんだ、金かからないみたいだし。

仕方がないので、肩痛いけどまさかの空港泊です。

 

翌朝、タクシーに乗ってアメリカ大使館に向かいました。

「ESTA申請が拒否されたので、取り消していただきたいのですが。 おそらく、身体的障害の項目でYESにチェックしたからだと思います。 鎖骨を骨折しましたが、日本に帰らなければいけないんです。」

ESTA申請が拒否された理由は最後まで知ることができませんでしたが、考えられるのはこれしかありません。
身体的あるいは精神的な障害があるか。という項目でYESにチェックしました。

複数の質問がありますが、いずれかにYESをチェックすると拒否される可能性があるのだと思います。

大使館の係員は答えました。

今日は担当がいないから、明後日来てくれ。

「実は昨日の便を取っていて、今夜に変更してもらったんです。空港では大使館に行けばできるって聞いてやってきました。」

今日は担当がいないんだ。対応できないから、明後日来てくれ。

完全なお役所対応でした…。

「そんな…。」

今度は心が折れそうです…。

悲壮感満載の僕を見て係員は言いました。

それなら、日本大使館に行きなさい。

 

日本大使館に向かいます。

まさか、大使館にお世話になるとはなぁ…

今までの経緯を話し、アメリカ大使館で日本大使館に行けと言われたと伝えます。

非常に丁寧に教えてくれたことは、絶望的にどうしようもないということでした。

日本大使館の人に勧められたのは、

①アメリカを経由しない航空券を取り直す。

②今日の便は諦めて再申請する。(1週間はみたほうがよいとのこと。)

 

タクシーで移動してるだけで肩痛いのに、本当に心が折れそうです…。

この旅史上、最も参っています。

肩痛いし、帰れないし、もう本当に嫌になって、全て投げ出したいくらいな気持ちでした…。

自分がこけたからこうなったんだけどな!

それでも貴洋手伝ってくれるし、ESTA申請の取り消し方法を徹底的に調べました。

分かったことは、即取り消し、再申請できる可能性があるのは電話のみです。

これです。
ESTA申請取り消し 電話番号
8772275511

アメリカ国内の番号なので、アメリカ国外からは+1を先頭に付けます。

一応メールも送ったんだけど、最後の望みだと思ってここに電話しました。

 

「プープー…」

 

繋がらない…

 

「トゥルルル、プー、プー…」

 

繋がらない…

 

もうこれしかないんだよ!!

二人でかけまくります。

たまに繋がります。

だけど、途中で切れます。

もう一つ問題があって、音声案内なんだけど、電波悪いしよく聞き取れない…。

ここにきて初めて自分のリスニング能力の低さを呪います。

今まで特に困ったことなかったけど(真剣な会話なんて一切しないしね)、最後の最後に本当に困りました。
音声案内だから聞き返すこともできないし、携帯だからかノイズ入ってるし…

そもそも全然繋がらないし!

 

絶望的な気持ちで空港まで戻ってきました。

前日に対応してくれたカウンターの人がめっちゃ親切だったので、電話をお願いしようと思って戻ってきました。

チェックインカウンターはまだ開いてなかったけど、固定電話を貸してもらいまたかけてみました。

すると、

 

すぐ繋がった!

てか、さっきまでより、全然聞きやすい!!

全神経をかけてリスニングします。

「6番だ!!!」

音声案内の6をプッシュすると、オペレーターに繋がり、無事にESTA申請のキャンセルが出来ました。

この瞬間は本当に泣きそうなくらい嬉しかった。
同じ思いをする人がいないように書いておきます。

2015年1月時点ですが、
+18772275511 に電話して、音声案内は6 です!

 

キャンセルできたので、今度こそ慎重にESTA申請を再入力しました。

質問項目はALL NO です。

そして、画面が表示されました。

 

ACCEPT

 

待ってました!
どんだけ嬉しかったことか!!

それでも、チェックインカウンターを通過するまではまだ不安感がありました。
もう、なんも信じられないくらい、メンタルがやられていたんです。

ドキドキしながら、チェックインカウンターを通過し、

CIMG6974

 

Welcome to Houston !!

念願のアメリカ通過です。

このトランジットのためにどんだけ苦労したか…。

わずか数時間の空港滞在の後、いざ成田へ向けてTAKE OFF。

 

やっとの思いで、約9ヶ月ぶりの日本に到着しました。

日本に帰ってきて、特に思うことはないですね。

海外旅行もだいたい思った通り楽しかったし。

ブログで総まとめ的なのはめんどくさいから書かないつもりです。
実際にいくらかかったとか、期間と行った場所とかね。

もし、要望があったら連絡してください。
そのときは、なるべく頑張って書きます。

 

アディオス!!

 

最後も一応、バナー貼っておきます。

sekaiisshu150_49

 

裕介

広告